よくある質問

-

整形外科とは?

-

以前は、美容外科も整形外科と標記していた経緯もあり、美容外科と混同しがちですが、整形外科は身体の運動に関係する背骨や手足の怪我、病気・脊髄・筋骨格系の治療を対象としています。

対象疾患としては、肩こり、骨折、捻挫、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、腰痛、脱臼、股関節症、膝関節症などがあります。


-

骨粗しょう症とは何ですか?

-

骨粗しょう症とは、骨の「病的老化」といえます。
骨粗しょう症は、明らかな疾患であり、骨折は骨が脆くなるために起こる合併症で予防及び治療が必要です。
わが国では、急激な高齢化に伴い、骨粗しょう症の患者様は1100万人に達すると予想されております。
骨粗しょう症では、脊椎・前腕骨・大腿骨頚部などの骨折が生じやすく、社会的にも重要な課題となっております。
当院では骨密度測定装置にて、短時間で検査可能です。


-

スポーツで痛めた肘や肩なども診てもらえますか?

-

はい、当院では経験豊かなスポーツ整形専門のドクターがおります。
診察・治療はもとより再発防止のアドバイスなどさせて頂きます。
お気軽にご相談下さい。


-

手首が非常に痛むのですが…

-

ご職業やスポーツなどで、手を良くお使いになられる場合、腱鞘炎の可能性があります。
腱鞘炎とは、手首の親指側、付け根にある骨の突出部で起こります。
ここで腱が腱鞘と呼ばれる筒状の部位の中を度々通る為に、手首の使い過ぎによって腫れたり、炎症が起こって痛む疾患の事です。
安静が第一ですが、当院では理学療法を用い適切な治療を行います。
お気軽にご相談ください。


-

椎間板ヘルニアとはなんですか?

-

人間の背骨は24個の骨で構成されています。
脊椎骨の間には、クッションの枠割をはたす椎間板という軟骨があります。
この椎間板は中心の髄骨を硬い繊維輪におおわれて構成されていますが、繊維輪に何らかの形で亀裂が生じ、そこから髄骨が外に飛び出してしまう事で神経などを圧迫し、激しい痛みやしびれをなどの症状を引き起こします。

加齢による骨の老朽化が骨粗鬆症や骨の変形を促し、それが原因となることがありますので普段から正しい生活習慣を心掛け、定期的にかかりつけ医にご相談されることをお勧めします。








Nステージ株式会社
モバイルサイトに簡単アクセス!